みんなのブログ | 自宅のそばで農業体験なら貸し農園(市民農園)のシェア畑

0120-831-296

みんなのブログ

読み物
岡村さん

記事を書いた人

岡村 (スタッフ)

草木染めイベントに参加してきました!

草木染めイベントに参加してきました!
「手ぬぐいを、野菜で染める? そんなことが、できるの?!」  出来るんです!

先日開催した染め物イベントのレポートを、さっそくご覧ください。
染物イベント
会場だけ見ると、完全に料理教室ですが…  ここで「染め物」をやります。

今回のイベントの講師は、シェア畑 津田沼の直井アドバイザー。
染物イベント
学生時代はデザインを専攻し、ものづくりのワークショップ経験も豊富なので、
「野菜づくりだけでなく、染め物までレクチャーできる。」という 多才なアドバイザーさんなのです。

直井さんのレクチャーのもと、まずは、自分の手ぬぐいをゴムで縛っていきます。
染物イベント
上の写真のように、ゴムで縛りつけた部分だけ、色が入らずに白く残ります。 つまり、このゴムで、模様を作っていくのです。

蛇腹に折りたたんだり、つまんだり、ひねったり。 
絞り方を いろいろと工夫することで、アンモナイト柄、お花、ストライプ、、、様々な模様が出来あがります。

直井さんがお手本の手ぬぐいを紹介しながら、「こうやって縛れば、こんな模様ができますよ。」 と、分かりやすく解説してくれます。
完成したときの図柄を想像しながら、参加者は思い思いに 自分の手ぬぐいづくりにチャレンジしていきます。
染物イベント
今回は、参加者にご持参いただいた「タマネギの皮」を使って、色を染めていきます。
タマネギの皮を煮込んで出来た キレイな アメ色の液体の中に、手ぬぐいを投入します。
しばらく漬けこんで、じっくりと 色を入れていきます。
染物イベント
ある程度の時間が経過したところで 手ぬぐいを取り出して、こんどは、色を定着させるため「媒染液」の中に漬けこみます。

この媒染液につけた瞬間、スーッと、色が濃くなってくるのが不思議で。 ついつい その様子を、うっとりと眺めてしまいます。
染物イベント
ちゃんとタイマーで時間を計りながら… ときどき菜ばしでつついて、奥の方までしっかりと染めていきます。
だんだんと、鮮やかなイエローが浮かんできました。
染物イベント
ピピピ・・・ っとタイマーが鳴ったら、いっきに水を流して
染物イベント
それぞれの手ぬぐいを洗ってすすいで、水気を切ります。

縛りつけていた輪ゴムをほどいて、いざ。  おもむろに、染め上がった手ぬぐいを広げてみると…
完成した図柄のカタチを目撃した会場から、 「わーー!」 っと 歓声が上がります。♪
染物イベント
まるで花が咲いたような、美しい模様が、つぎつぎと表れました。

こうやって広げてみるまで、どんな模様になっているのか分からない。 それが、逆に 楽しくて。
色もまた、タマネギの皮とは異なる、鮮やかなレモン・イエローの発色に仕上がりました。

参加していただいた皆様、それぞれ、個性的な素晴らしい作品を仕上げていただきました。
最後に全員で、ご自分の作品と一緒に、記念撮影。
染物イベント

草木染めイベント 作品一覧
千差万別、それぞれの個性がにじみ出た、多様な模様が観て楽しめました。
完成した手ぬぐいは、これから畑で、大活躍することでしょう。

トラブルもなく、大盛況のうちにイベントが無事に終了いたしました事を、参加してくださった皆様に感謝いたします。

シェア畑では今後も、いろんなイベントを企画しております。
これから開催するイベントでも、皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております!
  • 菜園アドバイザー募集中 野菜づくりを仕事にしませんか?
  • あなたの土地をシェア畑に 土地活用のご相談はこちら
0120-831-296
facebook
twitter

follow us!

・その他関連サービス

loading