みんなのブログ | 自宅のそばで農業体験なら貸し農園(市民農園)のシェア畑

0120-831-296

みんなのブログ

読み物
岡村さん

記事を書いた人

岡村 (スタッフ)

夏休みの自由研究におすすめ!いつも捨てちゃう玉ねぎの皮でカッコいい手ぬぐいをつくる方法!

夏休みの自由研究におすすめ!いつも捨てちゃう玉ねぎの皮でカッコいい手ぬぐいをつくる方法!
先日行われた草木染めイベント、大盛況の様子をお伝えしましたが、参加できなかった方々から、もっと詳しく作り方が知りたい!という声を多数頂きましたので、玉ねぎで出来る草木染めの手順を公開します!

用意する物


材料
玉ねぎの皮・・・3~4個分 / 手拭い一枚分
洗濯ネット
染める布 ・・・ 手拭い・木綿のエコバッグなど
輪ゴム
染料用の水 ・・・ 1リットル

媒染用
焼きミョウバン ・・・ 大さじ2
お湯 ・・・ 500ml

道具
鍋・・・大きめの物
ステンレスのボウル×2(なければ鍋で代用)
菜箸またはトング
コンロ
エプロン
ゴム手袋


手順


①染める液を作る。20分
玉ねぎの皮を洗濯ネットに入れ、鍋に入れる。
玉ねぎの皮が隠れる位の水を入れ加熱する。
中火で煮出す。(20分位)
染める液を作る(玉ねぎの皮で草木染め)

②布の模様を作る。
染める布を水に浸しよく絞り、輪ゴムなどを使い模様を作る。
※ムラ染め、輪ゴム絞り、アンモナイト柄など・・・色々あります。
布の模様を作る(玉ねぎの皮で草木染め)

③染める。30分
鍋の火を止め、玉ねぎの皮を取り出し布を入れる。
ムラになりやすいので菜箸でゆっくりとかき混ぜる。
時々かきまぜながら30分浸す。
注意)温度が下がり過ぎるようなら加熱する。染まり具合による。
染める(玉ねぎの皮で草木染め)

④媒染。10分
媒染液を作る。
500mlのお湯にミョウバン大さじ2を入れて溶かす。
布を③の鍋から取り出し軽く絞り、媒染液に10分ほど浸す。
※濃く染めたい場合は③④の工程をもう一度行う。
媒染(玉ねぎの皮で草木染め)

⑤完成
水でよくすすぎ、輪ゴムなどを外し完成。
染物イベント

いかがでしょうか?
これを応用すればTシャツやのれんなんかも作れちゃいます。

材料は家庭で用意できるものばかりなので、ぜひお子さまの夏休みの自由研究にでも一緒にチャレンジしてみてくださいね!

★「シェア畑」では誰でも気軽に農業と触れることができます

菜園アドバイザーのサポートが付いているので、安心して畑での野菜作りを楽しめます。自然の力を利用した無農薬・無化学肥料の野菜作りを体験してみませんか。
近くのシェア畑を見てみる>>

0120-831-296
facebook
twitter

follow us!

・その他関連サービス

loading