みんなのブログ | 自宅のそばで農業体験なら貸し農園(市民農園)のシェア畑

0120-831-296

みんなのブログ

読み物
宮内さん

記事を書いた人

宮内 さん(利用者ライター / 読書アドバイザー)

【食育に役立つお野菜の絵本たち】わらのはちまきを巻いた小さな白菜の物語/くどうなおこ作『ちいさなはくさい』

【食育に役立つお野菜の絵本たち】わらのはちまきを巻いた小さな白菜の物語/くどうなおこ作『ちいさなはくさい』
寒い日が続きます。
こんな季節、畑に行くとひもで縛られた白菜を見かけることがあります。

いたずらをしてとっちめられているわけではありません。
これは寒い季節の、白菜の保存方法なのです。

今回はそんな「はちまき」をした白菜が登場する、くどうなおこさんの『ちいさなはくさい』を紹介しましょう。

【食育に役立つお野菜の絵本たち】ちいさな白菜
■絵本名:ちいさなはくさい
■作者:くどう なおこ 
   (絵)ほてはま たかし
■出版社:小峰書店
■ISBN:978-4-338-26110-4


それは、こんなお話。

丘の上の柿の木はずっとそばの畑を見て育ちました。
今年はたくさんのはくさいが植えられています。

おや? 畑の横にちいさな、はくさいの芽が出ていますよ。
この子が、この絵本の主人公の「ちいさなはくさい」です。

ほかのはくさいが大きくなって八百屋さんに運ばれていっても、この子はなかなか大きくなりません。

やがて、冬が来て、残ったはくさいたちは「わらのはちまき」をまいてもらいます。「ちいさなはくさい」もはちまきをしました。

はちまきをしたはくさいも次々と八百屋さんにいってしまって、とうとう「ちいさなはくさい」だけが畑に残ってしまいました。

泣きそうな「ちいさなはくさい」に、柿の木は「春になったらぐんぐん大きくなるよ」とはげましてあげました。

そこで、「ちいさなはくさい」は春をまって花をさかせることにしました。

そして、春。

さて、「ちいさなはくさい」は、どんな花を咲かせるのでしょう-。


この絵本の作者くどうなおこ(工藤直子)さんは『のはらうた』という素敵な詩集を出している詩人でもあります。

「きせつのながれにひたっていると、これはまるで じぶんのこころのなかの けしきみたいだなあ、と おもいます。」

これは、くどうさんは『のはらうたⅢ』にある文章の一節です。『ちいさなはくさい』にえがかれているのも、そんな「けしき」のような気がします。

冬を越して春になる。

そのことをくどうさんは「たくさんのゆきのよると こおりのあさが すぎて はるです」と、この絵本に書いています。

なんと美しい文章でしょう。

ここからさきの、春を描いた文章はぜひ声を出して読んでみてください。
ほてはまたかし(保手浜孝)さんの絵のように、きっと、心がぽっとあかるくなります。

ところで、はくさいの花です。

私たちは普段はくさいの花を見ることはほとんどありませんが、畑ではときどきはくさいの花を見かけることがあります。

はくさいはアブラナ科の植物ですから、菜の花と同じ、黄色い花をつけます。

白菜の花

畑で季節のかぜをつかまえてみませんか。


前回の記事はコチラ
>【食育に役立つお野菜の絵本たち】みんなで、うんとこしょ どっこいしょ/ロシアの昔話(A.トルストイ)『おおきなかぶ』

★「シェア畑」では誰でも気軽に農業と触れることができます

菜園アドバイザーのサポートが付いているので、安心して畑での野菜作りを楽しめます。自然の力を利用した無農薬・無化学肥料の野菜作りを体験してみませんか。
近くのシェア畑を見てみる>>

  • 菜園アドバイザー募集中 野菜づくりを仕事にしませんか?
  • あなたの土地をシェア畑に 土地活用のご相談はこちら
0120-831-296
facebook
twitter

follow us!

・その他関連サービス

loading