自宅のそばで農業体験なら貸し農園(市民農園)のシェア畑

利用者数20,000人突破!! 農園利用者全国No.1 ※当社調べ

里山シェア大井松田 農園掲示板

シェア畑

里山シェア大井松田 農園掲示板

読み物
運営スタッフさん

記事を書いた人

運営スタッフ (スタッフ)

2018.6.14

《シェア畑通信 7月号》

《シェア畑通信 7月号》
先月からはじまった「シェア畑通信」

第一号はお読みいただきましたでしょうか。

それでは、Web第二号をどうぞ



照り付ける日差しはまさに夏!!
農園の野菜は日ごとに大きく、空に向かって伸びています。
5月に植つけられた苗もぐんぐんと大きくなり、
葉を大きく広げて、花を咲かせています。
きゅうりや、なすの初収穫は既にお済でしょうか?

手間をかけて育てたお野菜の生長を感じながら、
ご自宅の食卓でその日取ったお野菜を食べる事が出来るのは、
農園ならではの醍醐味ですね。
野菜は旬に食べるのが一番です!!
適期を逃さず、是非収穫にお越し下さい


狼の桃という学名の謎!農家の豆知識



実はトマトの学名なんです。
18世紀のイギリスの園芸家フィリップ・ミラーが命名しました。
ちょうど同じ時代に、リンネという植物学者が、
トマトをナス科の植物に分類しました。
学名を「ソラナム・リコペルシク(Solanum lycopersicum)」と名付けました。
ミラーが付けた学名”lycopersicum”が”lycopersicon”となっており、
トマトを最初に「オオカミのモモ(狼の桃)」と名づけたのはリンネが先でした。

では、なぜ「オオカミのモモ」なのでしょうか。
モモは桃のような果物を指しているのは分かりますが、
オオカミの意味はまったく分かりませんよね。

実はむかし、18世紀頃まではトマトには毒があり恐ろしい植物とされていました。
リンネも恐らく、そのように思っていたのでしょう。
そこからリンネは「恐ろしいトマトを食べるなんてオオカミだけ」と考えて、
このような学名になったという説があります


■写真コンテスト 当選者発表します!!






写真コンテストにご応募いただいた皆様、
たくさんのステキな写真を投稿いただきありがとうございました!!

投票期間は21日(木)までで終了いたします。
まだの方はまだ間に合います。是非投票してみてください。

多くの投稿から、厳正なる結果28日(木)
上位入賞者を以下にて発表いたします。
https://www.sharebatake.com/members

是非、お楽しみに!!


■里山シェア  ブルーベリー狩りのお知らせ!


==========================
夏の大井町で旬のブルーベリー狩りを体験!
1時間食べ放題で、お持ち帰りも出来ます。
摘み取ったブルーベリーを使って
料理に使えるブルーベリーソースづくりも
体験できます!

○日程:7月21日(土)、22日(日)
10:00~12:00/14:00~16:00
○内容:ブルーベリー収穫、ブルーベリーソース作り(希望者のみ)
○料金:大人3,000円/人、小人2,000円/人
○会員特典:いこいの村あしがら温泉無料券プレゼント
◯開催場所:里山シェア大井松田
※詳細とご予約は、
「里山シェア」のホームページをご覧ください


■農園利用開始月が、平成29年10・11月のお客様へ


次年度の継続利用をされない場合、
農園利用開始月が平成29年10月の方は6月末までに、
農園利用開始月が平成29年11月の方は7月末までに、
解約申請書を農園運営事務局へご提出ください。

解約申請書は菜園アドバイザーより受け取れますので、
スタッフ出勤時にお声掛けください。
※申請がない場合は、自動更新となります。




0120-831-296
facebook
twitter

follow us!

・その他関連サービス





loading